【速報】インドネシア 情報局 | 最新情報 口コミ情報

インドネシア 情報局では、「インドネシア」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 多く 」 一覧

no image

アジアの巨大スラムを襲う新型コロナの脅威

… Bank)の2017年の調査によると、東アジア・太平洋地域では2億5000万人がスラム街に暮らしており、その多くは中国インドネシア、フィリピンにいるという。

no image

テイクオフ:発熱はない。頭痛や倦怠…

インドネシアでも日本人が入店や乗車を拒否されるケースがでているという。世の大勢ではないし、過敏に反応する必要もないと思うが、何かをきっかけに、多くの …

no image

小説の舞台に観光客続々、国内リゾート島

【共同】美しい浜辺や透明な海が楽しめるインドネシア・スマトラ島東方沖のブリトゥン島が小説をきっかけに多くの観光客を引き寄せている。島を舞台とした物語が …

no image

インドネシア】ウブドでおすすめの人気のオプショナルツアー・現地ツアーはこちら!

インドネシアの代表的な観光地であるバリ島内のウブドは、観光産業が盛んなエリアで年間を通して多くの人が訪れます。ウブドの観光スポットとして代表的 …

no image

コロナも影響?…中国から企業が続々撤退、ベトナムに注目か

移管先候補としては、フィリピン、インドネシア、タイ、マレーシア、カンボジア等、アセアン諸国の多くが挙がっている中で、ベトナムは最も人気が高い国の一つだ。

no image

インドネシアが新型肺炎「感染者ゼロ」の不可解

その後一家は荷物をまとめ、1人の感染者も報告されていないインドネシアに飛んだ。多くの中国人観光客の主要目的地であるバリ島に着いたのは1月30日だが、 …

no image

【旅の心得】新型肺炎を乗り越えよう

新型コロナウイルスの猛威が止まらない。日々報道される、新たな感染者確認のニュースはずしんと心を重くする。在インドネシアの多くの日系企業は、中国本土を …

no image

ボーイング、東南アジア市場の新造機需要は4500機

ボーイングは東南アジア地域の航空機市場は急速に拡大しており、とりわけベトナム、タイ、インドネシアの3カ国は、2010年以降、もっとも多くの座席数を追加した …

no image

全日空とシンガポール航空が提携

経営責任者は「お客様に多くの選択肢を提供する」と述べた。 共同事業の対象は日本、シンガポール、オーストラリア、インドインドネシア、マレーシアの6カ国。

no image

台湾の旧正月(春節)をまるっと解説!〜過ごし方から旅行のベストタイミングまで〜

台湾の他にも中国本土・香港・シンガポール・マレーシア・韓国・ベトナム・インドネシアなど・・・多くのアジア圏で盛大に祝われます。毎年日付が変わり2020年の …

no image

<民衆の叫び 世界を覆うデモ>(4)インドネシア 人権よりも経済か

インドネシアのジャワ島中部の古都で、多くの大学がある教育都市ジョクジャカルタ。昨年九月三十日、周囲に大学が集まるガジャヤン通りを数万人が埋め尽くし …

no image

【第7位】KPK改正法、国民から反発も強行

インドネシア国会は9月、汚職撲滅委員会(KPK)法『2002年第30号』の改正法案を可決した。改正は与野党国会議員の多くが求めていた一方、KPKの弱体化に …

no image

本を出版、ベストセラーに 日本留学中のユーチューバー

Mantap=最高=は、日本語風にMantappuと表記)」で多くの登録者を持つインドネシア人大学生、ジェローム・ポリンさん(21)が本を出版し、人気を呼んでいる。

no image

東ティモール国境往来活発 ルピア安でインドネシアへの買い物増加

東南アジアの小国、東ティモールは8月、インドネシアからの独立を決めた住民投票から20年を迎えた。当時多くの難民が殺到し、混乱した国境付近では往来や …

no image

訪日客の不安は言葉の壁や地震などの災害発生、3割がオーバーツーリズムを実感

ついで滞在費や渡航費用の高さをあげた地域も多く、特にタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアは言葉よりも日本滞在中の費用が高いことを不安視する方 …

no image

パーム油輸入、業界がマレーシア産を回避

植物油の精製業者などが加盟するインド溶媒抽出産業協会(SEA)は24日、加盟企業の多くがパーム油の調達先をマレーシアからインドネシアに切り替えている …