【速報】インドネシア 情報局 | 最新情報 口コミ情報

インドネシア 情報局では、「インドネシア」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 タイ 」 一覧

no image

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

中国、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン市国、フランス、ベルギー、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、インドネシア、シンガポール、タイ、 …

no image

全世界からの入国者に待機要請へ

… などを加えてほぼ全域とするほか、東南アジアでは、インドネシアやタイなど7か国、それに、これまでは一部地域だった中国韓国も全土が対象になります。

no image

外務省、不要不急の海外渡航中止求める 多くの国に感染症危険情報「レベル3」、全世界に「レベル2」

不要不急の渡航を中止するよう勧告する「レベル3」に引き上げられた国は、インドネシア韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、 …

no image

日本のロックダウンが腰砕けになりかねない訳

… 受けて、アメリカ、イタリア、スペイン、フランス、イギリス、スロバキア、タイ、インドネシア、ニュージーランドなどの国において、非常事態宣言が発令されている。

no image

アプリで追跡、「帰省」禁止も 東南アジアにも新型コロナの波―感染者8400人

インドネシアでは、イスラム断食月(ラマダン)明けの帰省禁止を検討している。タイではムエタイ会場で集団感染が発生。ベトナムでは新聞が休刊になった。

no image

日本外務省の感染症危険情報、タイなど東南アジア7カ国をレベル2に引き上げ

また、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシアの各国は原則としてすべての外国人に対して入国制限措置を取っている。 《 …

no image

外務省、欧州への渡航中止勧告を拡大

レベル2としたのは、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、イスラエル、カタール、バーレーン、コンゴ民主共和国。(共同).

no image

中国・武漢の封鎖、4月に解除へ 新型コロナウイルス「震源地」

インドネシアでは49人の死亡が確認され、首都ジャカルタでは23日から非常事態が宣言された。 タイでは900人近くの感染が確認され、4人が死亡した。

no image

【移動する人々への視点を】新型コロナによる移動制限で移住労働者に失職リスク、難民の再定住の遅れも

この中には、台湾で働く移住労働者の主要出身国であるインドネシア、フィリピン、ベトナム、タイも含まれる。 ◇移住労働者の「保護」と「管理」. 一方、台湾就労中の …

no image

LCRがインドネシア人プレイヤーを起用

インドネシアだけでなく、マレーシア、タイからも熱狂的な支持を受ける『Moe27』は、今月5日から8日まで開催された『Pro Draft(プロドラフト)』の『Challenge #1』 …

no image

三菱自、エクスパンダークロスをタイへ輸出

三菱自動車は16日、インドネシアで製造している小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」の上位モデルとなる「エクスパンダークロス」のタイへの輸出を開始したと …

no image

シンガポール販社を完全子会社化、TOA

インドネシアやシンガポール、タイといった東南アジアを中心に学校や宗教施設などで同社製品の引き合いは強い。完全子会社化によって意思決定を迅速にし、 …

no image

外国人労働者をひとくくりに見ていませんか?国、地域によって全く違う特性や接し方を解説した『ビジネス …

各国(バングラデシュ、中国、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ネパール、タイ)について、【国の背景】【気質】【ビジネス事情】【向き、不向きの仕事】【生活習慣】【 …

no image

陽光溢れるトロピカルエスケープ 3月のムリアバリは予約と同時に客室アップグレード

ワールドクラスの賞獲得シグネチャーレストランとバーではインドネシア、日本、中国、タイ、インド韓国、地中海など、世界中の本場の味が供され、その多様性に …

no image

インドにも電動化の波! 伝統の三輪タクシー「リキシャ」に変わる新たなモビリティとは

インドネシアでは“バジャイ”、タイでは“トゥクトゥク”と呼ばれているのが有名なところで、アジアなどを中心に広く走っている。以前テレビのニュースで見ていたら、 …

no image

バンコク銀のプルマタ銀買収、金融庁が承認

インドネシアの民間中堅銀行バンク・プルマタは2日、タイの商業銀行大手バンコク銀行による株式89.12%の買収計画について、インドネシア金融監督庁(OJK) …

no image

感染収束後の観光見据え アジア市場説明会

県観光プロモーターは、中国、香港、台湾、韓国、タイ、インドネシア、ベトナムの7市場に設置し、現地の旅行動向などの情報収集の強化や、現地エージェントなど …

no image

【マレーシア】スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道

スズキは、東南アジアではタイとインドネシア、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、フィリピンの6カ国に販売拠点を置き、フィリピンを除く5カ国では生産も手掛けて …

no image

コロナも影響?…中国から企業が続々撤退、ベトナムに注目か

移管先候補としては、フィリピン、インドネシア、タイ、マレーシア、カンボジア等、アセアン諸国の多くが挙がっている中で、ベトナムは最も人気が高い国の一つだ。

no image

武田英寿が浦和レッズを選んだ理由。 「長谷部さんも苦しんだと聞いた」

… 年加入の細貝萌(前橋育英高、現バンコク・ユナイテッドFC/タイ)と赤星貴文(藤枝東高、元アレマ・インドネシアFC/インドネシア)まで遡らないといけない。